HOME > 学校紹介

学校教育目標

   ○豊かな心をもってなかよく協力する子どもを育てる
   ○よく考え進んで学ぶ子どもを育てる
   ○明るく健康な子どもを育てる
   ○きまりを守り責任感の強い子どもを育てる
   ○ねばり強くたくましい子どもを育てる



本校の概要

 公園東町区域における住宅団地開発事業の進歩に伴い児童が急増する明星小,稲田小,緑丘小3校のマンモス校化の解消を図るため,昭和57年4月1日に関連校からの分離新設により本校は開校しました。校区のグリーンパークや美術館,動物園,百年記念館,校内各階のオープンスペース(ラーニングセンター)等の恵まれた環境のもと,個別化・個性化教育,道徳教育,国際理解教育,外国語活動に積極的に取り組み,その成果を開校以来毎年開催する実践研究発表会において公開しています。




校歌と校章

 校 歌 

近江谷 有 安  作詞
岡  山 茂 信  作曲

北の大地に 朝あけて     
 山脈はるか あおぎつつ
進んで学ぶ わたしたち
高い望みを 育てよう
ああ 花園の 学び舎で


グリーンパークに 風かおり
祖先の心 しのびつつ
郷土を拓く わたしたち
強いからだを きたえよう
ああ 花園の 学び舎で


明るい陽ざしに つつまれ
未来の夢を 描きつつ
心をみ がく わたしたち
世界に花を ひろげよう
ああ 花園の 学び舎で

 校 章

 円を背景に,むらさきつつじの花びらを配置,中央に花園の二文字を配字。背景の色は緑で,地球を表している。本校は国際理解教育を積極的に推進しており,人類の平和と人間尊重の精神を培い,また,豊かな地球の自然を守っていこうとの願いがこめられている。
 花びらはむらさきつつじをモチーフにデザインしている。北国の厳寒の地・道東で,春一番に咲くむらさきつつじは,花園小学校の子どもたちが,寒さにまけず強くたくましく,心身ともに健康に育つことを願っている。また花びらの紫色は,他を思いやりあたたかく,個性にあふれた子どもを意味している。五弁の花びらは,本校の五つの教育目標を表している。

                             制定  昭和58年2月8日
                             製図  高橋元春(開校当時の教員)


児童・職員数

 校長 小澤 容子  児童数214人 11学級(情緒・知的含)+言語  教職員34人

(平成31年4月現在)